税理士の業務内容について

税理士 業務内容

税理士 業務内容について

税理士の業務内容について

税理士は税に関する専門家です。納税がきちんとできるよう公正な立場でサポートしてくれます。税理士の業務内容は、税理士法で定められた独占業務とその他の業務があります。独占業務は税務代理、税務書類の作成、税務相談の3つです。税務代理は納税者に代わり、税務署に対する税金の申告や申請を行います。税務書類の作成は確定申告や申請書、請求書、不服申立てなどの税務署に提出する書類を作成します。税務相談は税金の不明点についての相談に対応する業務です。その他の業務には財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行、その他財務に関する事務を行う会計業務や税務訴訟において弁護士である訴訟代理人とともに出頭し、陳述をする税務訴訟の保佐人などがあります。また、最近では企業の発展を助ける経営コンサルティングにまで拡大しています。