税理士の業務内容について

税理士 業務内容

税理士 業務内容について

税理士の業務内容について

税理士は税務に関する専門家であり、独立した公正な立場で業務を行わなければなりません。申告納税制度の理念のもと、納税義務者の信頼に応え、租税の法律に示された納税義務の適正な実現を図ります。税理士の主な業務内容は、租税、法定外目的税に関しての税務代理、税務書類の作成、税務相談になります。税務代理は、税務官公署に対し申告(法人税、所得税、住民税、事業税など)や申請(納税猶予、減額承認など)、不服申し立ての代理、代行を行うことです。税務書類の作成は、税務官公署に提出する、申請、申告、不服申し立てなどに関する書類の作成です。税務相談は、税務官公署への対応などについての相談で、どういうタイミングで何をしなければならないかなどをアドバイスしてくれます。

身体になじむ素材と軽さ!人気のランドセルはこちらのサイト

税理士 業務内容関連情報

税理士の主な業務内容とは

税理士とは、「税務代理」、「税務書類の作成」、「税務相談」を主な業務内容とした税金に関するプロです。

税理士の業務内容について

人にとって、体のケアのためにはかかりつけのお医者さんが必要なように、企業経営においてはやはり重要なの

税理士の業務内容の種類

税理士とは税務に関する専門家として、独立した公正な立場で申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼

最新の税理士 業務内容