税理士の主な業務内容とは

税理士 業務内容

税理士 業務内容について

税理士の主な業務内容とは

税理士とは、「税務代理」、「税務書類の作成」、「税務相談」を主な業務内容とした税金に関するプロです。日本には様々な納税があります。所得税、法人税、相続税、消費税、贈与税、事業税、固定資産税、とたくさんありますが、納税者は自主申告、自主納税になっており税法は改正もたびたび行われるため知識がないととても難しいため、税務の専門家ともいわれる税理士がスムーズに申告、納税、申告後の税務署とのやり取りができるよう手助けしてくれるのが税理士の業務です。税務相談と言うのは、税法を説明するということではなく、主に税金の申告、主張、陳述、申請書の作成についての疑問だったり相談にのる業務です。この税務代理、税務書類の作成、税務相談、どれも独占業務となっていて、資格を持たずに行ってしまうと税理士法違反となってしまうので気をつけなければいけません。