税理士の業務内容について

税理士 業務内容

税理士 業務内容について

税理士の業務内容について

人にとって、体のケアのためにはかかりつけのお医者さんが必要なように、企業経営においてはやはり重要なのは税金に対する対策です。そのためには専門的知識をもった方が必要になります。そうした税に対する専門的なことは税理士の存在が必要です。そこで今回は税理士について見てみましょう。その具体的な業務内容は、納税者に代わって税務署といった税務官公署に提出する税法に基づいた書類、すなわち確定申告書等の作成、さらにこうして提出したものに更生・不服がある場合においての申し立てを行うこと。さらには所得税やその他の税に関する計算などのにおいての相談、以上のような業務を行っています。こうした業務は、税理士資格をもっていなければ、税に関する業務を行うことは法律で禁止されています。ですので、すべて税理士のみの独占業務となっています。