税理士の業務内容の種類

税理士 業務内容

税理士 業務内容について

税理士の業務内容の種類

税理士とは税務に関する専門家として、独立した公正な立場で申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています(税理士法第1条)。では具体的にはどのような業務内容があるのかというと、大きく分けて、税務代理、税務書類の作成、税務相談があります。この他には税理士の名をで他人の依頼に応じて、税理業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行、そのほか財務に関する事務を行うことができます。その他にも、業務内容に付随している範囲において社会保険労務士業務の一部をすることができ、また税理士となる資格を有するものは行政書士の登録をすることで、行政書士の業務ができるようになります。